単発バイト探検隊

単発バイトを始めるための面接対策

面接は素直に答えよう

単発バイトの面接に合格するためにはどうすればいいでしょうか。面接をする採用担当者の質問にどう答えればよいのか、その心構えや事前の準備などを紹介したいと思います。

最低限のマナーを守る

単発のバイトは長期のバイトにくらべると、経歴や人柄などをあまり重要視しない傾向があります。ただ巫女のバイトや試験監督のバイトのように、きちんとした服装と髪型をしていないと話にならないこともあります。交通量調査などのバイトの場合はそこまで服装や髪形に対してこだわりはありません。しかし面接を受ける時は自分でできる範囲で最低限のマナーを守れるように準備をしておくようにしましょう。
例えば清潔感のある服装や髪形で面接に臨むと、採用担当者は安心しますので、採用率が高くなります。たとえ工場の中での作業だったり裏方の仕事であっても、きちんとしている人と一緒に働きたいと思うのが普通です。採用側の心理を理解した上で面接にのぞみましょう。

話す内容よりも態度が大切

バイトの面接で聞かれる質問内容は「志望動機」が中心になります。どうしてこの職場で働きたいのかを採用担当者は質問します。しかし単発バイトの場合は、それほどきちんとした志望動機を相手も期待していません。そこでもしも志望動機を聞かれたら、素直に答えるようにしましょう。「興味があったから」「土日に仕事をするのに都合が良かったから」など本当の気持ちを伝えるようにしましょう。その際にやる気をみせることが大切です。きちんと仕事をする気があり、仕事に真剣に臨む姿勢を見せましょう。そのためには敬語を使うなど言葉づかいに気を遣う必要があります。敬語を使うということは相手に対してきちんと敬意を払っているという証拠になります。
いすに座る姿勢にも注意をしましょう。きちんと背筋をのばして座ることで、真剣に仕事を得たいと考えていることが相手に伝わるかもしれません。些細なことですが小さなことの積み重ねが、面接に合格するために大切になります。

笑顔で話せたら合格できる

採用担当者はできれば感じの良い人と一緒に働きたいと思っています。そこで面接で笑顔を出せるようになりましょう。いつでも笑顔で人と話せる人は基本的に単発バイトの面接に受かる人だと思います。
もちろん人によっては人見知りなどで笑顔を上手に作れない人もいるでしょう。その場合でも、できるだけ笑顔になるように心がけるようにします。緊張をすると相手をにらんでしまう人がいますが、なるべく表情を柔らかくするように心がけるといいでしょう。目を見て話すのが苦手な人は採用担当者の鼻の先や、眉間のあたりを見ると緊張をしなくて済みます。また呼吸を止めないように気を付けると、極度に緊張することなく面接を終えられると思います。できるだけ感じを良くしようという姿勢を見せるだけでも採用率は高くなるのであきらめないようにしましょう。

面接は素直に答えよう

初心者に贈るまとめ記事

  • 好きな時に働ける魅力
    好きな時に働ける魅力

    単発バイトの魅力のひとつが、空いた時間を利用して自由に仕事をすることができることです。他に別のバイトをしていても、休日を利用するなどして単発バイトをすることができます。ひとつのバイトに絞るよりも効率的にお金を稼げます。

  • 注目の人気ランキング
    注目の人気ランキング

    単発バイトの中で人気ランキング1位の仕事は「試験監督」です。以降「交通量調査」や「巫女」「イベントスタッフ」などが続きます。人気の理由は短時間で効率的にお金を稼げる、友達が作りやすい…など仕事により違います。

  • 土日に稼げる「試験監督」
    土日に稼げる「試験監督」

    試験監督のバイトは他のバイトの休みに組み込みやすいのが人気の理由のひとつです。ほとんどの試験が土日に行われるため、休日を利用してバイトをすることができるからです。忙しい平日を避けて仕事ができるのは魅力でしょう。

  • 誰でも出来る「交通量調査」
    誰でも出来る「交通量調査」

    交通量調査のバイトは、その他の単発バイトに比べても仕事内容が簡単です。初心者でもすぐに仕事をすることができるので人気があります。また勤務時間も12時間以上と長いので、一日で効率よくお金を稼ぐことが可能です。

  • 求人サイトに登録しよう
    求人サイトに登録しよう

    単発バイトは人気があるので応募があるとすぐに定員に達してしまいます。求人サイトに登録をするとスマホでどこからでも最新の求人情報をチェックできますので、定員に達する前に応募することが可能になるでしょう。

  • 面接は素直に答えよう
    面接は素直に答えよう

    単発バイトをするために、最後の関門の面接を突破する必要があります。しかし面接官がしそうな質問に対する答えを考えるなどの、特別な対策は必要ありません。それよりもきちんとした態度と姿勢で面接に臨むほうが大切です。