単発バイト探検隊

単発バイトの人気ランキングはコレ!

注目の人気ランキング

単発バイトの人気ランキングを見て、これからバイトを選ぶ時の参考にしてみましょう。もし興味がある仕事がみつかったら、さっそく募集先を探して応募してみることをおすすめします。

人気第1位「試験監督」

単発バイトの人気ランキング1位の仕事は「試験監督」です。試験監督の仕事は、大学構内で行われるいろいろな試験のお手伝いをする仕事です。試験用紙を配布、回収したり、不正がないかどうか監督をするのが仕事になります。人気の一番の理由は仕事が楽なことです。そして二番目の理由が、その割に時給が高めに設定されていることでしょう。楽なのに一日仕事を終えると、かなりの給与を得ることができます。雇用主が大学のため安心して働けるということもあり、バイトをする側にとって好印象なのです。

第2位「交通量調査」

繁華街などを歩いていると、カチカチと手の中の機械を動かしながら座っている人を見たことがあるかもしれません。これは「交通量調査」という人気の単発バイトのひとつです。仕事内容としては、目の前を通った人をカウントするだけです。女性、男性、子どもなどにより押す場所を変えるケースもありますが、難しいことは何もありません。冬場は寒さと戦う、夏場は暑さと戦うことが大変ですが、それも工夫次第でどうにでもなるようです。消費カロリーに対する時給の高さはこれ以上ないほど効率がよい単発バイトです。

第3位「巫女」

単発バイトの人気ランキング3位は「巫女」です。もちろん巫女は若い女性だけができる、神社で働く仕事です。あの巫女の服を着てみたいと憧れている女性は多く、女子大生を中心に人気が集中する仕事です。仕事の募集が集中するのは、もちろん年末年始、お正月が中心になります。真冬での巫女の着物は薄着になりますので、寒さに耐える必要があります。また時給も特に高いわけではなく、むしろ低めかもしれません。しかし初詣に行った経験がある人ならわかると思いますが、巫女さんはどこか働きながらも幸せそうな顔をしています。やはり巫女のコスチュームを着られているという充実感と、刺激がたまらないのでしょう。仕事をできる時期が限られているので、一生に一度、経験をしてみるのもいいでしょう。

第4位「イベントスタッフ」

単発バイトの人気ランキング4位は「イベントスタッフ」です。コンサートのスタッフや、スポーツイベントスタッフなどが主な仕事になります。普段は1万円近く払わないと会場に入れない有名なアーティストのコンサートに、お金をもらいながら行くことができます。一度はやってみたいと思う学生も多く、人気がある単発バイトです。会場の設営や撤収は力仕事の上、高所での作業もあり大変ですが、イベントを支えるスタッフの一員になれるので達成感がある仕事ではないでしょうか。

注目の人気ランキング

初心者に贈るまとめ記事

  • 好きな時に働ける魅力
    好きな時に働ける魅力

    単発バイトの魅力のひとつが、空いた時間を利用して自由に仕事をすることができることです。他に別のバイトをしていても、休日を利用するなどして単発バイトをすることができます。ひとつのバイトに絞るよりも効率的にお金を稼げます。

  • 注目の人気ランキング
    注目の人気ランキング

    単発バイトの中で人気ランキング1位の仕事は「試験監督」です。以降「交通量調査」や「巫女」「イベントスタッフ」などが続きます。人気の理由は短時間で効率的にお金を稼げる、友達が作りやすい…など仕事により違います。

  • 土日に稼げる「試験監督」
    土日に稼げる「試験監督」

    試験監督のバイトは他のバイトの休みに組み込みやすいのが人気の理由のひとつです。ほとんどの試験が土日に行われるため、休日を利用してバイトをすることができるからです。忙しい平日を避けて仕事ができるのは魅力でしょう。

  • 誰でも出来る「交通量調査」
    誰でも出来る「交通量調査」

    交通量調査のバイトは、その他の単発バイトに比べても仕事内容が簡単です。初心者でもすぐに仕事をすることができるので人気があります。また勤務時間も12時間以上と長いので、一日で効率よくお金を稼ぐことが可能です。

  • 求人サイトに登録しよう
    求人サイトに登録しよう

    単発バイトは人気があるので応募があるとすぐに定員に達してしまいます。求人サイトに登録をするとスマホでどこからでも最新の求人情報をチェックできますので、定員に達する前に応募することが可能になるでしょう。

  • 面接は素直に答えよう
    面接は素直に答えよう

    単発バイトをするために、最後の関門の面接を突破する必要があります。しかし面接官がしそうな質問に対する答えを考えるなどの、特別な対策は必要ありません。それよりもきちんとした態度と姿勢で面接に臨むほうが大切です。