単発バイト探検隊

人気の単発バイト「交通量調査」の仕事とは

誰でも出来る「交通量調査」

バイトの募集がかかるとすぐに埋まってしまうほどの人気なのが交通量調査の単発バイトです。基本は一日単位の単発バイトで、日給は1万円以上稼げる高額バイトです。簡単で誰にでもできるバイトですが、仕事上の注意点などを紹介します。

とにかく簡単で単純な仕事

交通量調査の仕事は、路上のパイプ椅子などに座り、目の前を通った通行人の人数や車の台数をひたすらカウントするだけです。集中力と根気が必要な仕事ですが、仕事の内容はカウントをするだけですので、誰でもすることができます。またカウントをする時は歩行者などに集中する必要があります。当然バイト仲間同士の私語などは厳禁です。おしゃべりをしたり、人と触れ合うのが好きな人は、少し苦痛を感じるかもしれません。しかし逆に人見知りであまり人と触れ合いたくないという人には、うってつけのバイトだといえます。マイペースで一人の世界に入りながら仕事ができる貴重な仕事だといえるでしょう。

一日でかなり稼げるのが魅力

交通量調査の仕事が単発バイトとして人気なのは、一日でたくさんのバイト代を稼げることが大きい要因になっているでしょう。高額バイトの中では勤務時間がかなり長いほうで、1回のバイトで勤務時間が12時間は普通です。まれに24時間勤務という現場もあります。押しなべて時給1000円程度もらえる職場が多いので、平均して日給1万円から2万円以上を稼ぐことができます。予備知識やスキルがなくて、これだけ多くのバイト代をもらえる仕事はそれほど多くありません。探すのが大変ではありますが、仮に月に10日程度交通量調査のバイトを入れることができれば月額10万円から20万円と、月に稼ぐ金額としては十分な額をこのバイトだけでも稼ぐ事が可能です。
もちろん、ほかの単発バイトや、長期のバイトの休日とうまく組み合わせることも可能です。体力をそれほど使わないバイトですので、他のバイトと組み合わせても、それほど大きな負担はないでしょう。

長い勤務時間と休憩時間

注意したいこととして、勤務時間が長く稼げるということは、同時に拘束時間も長くなるということです。いかに長い時間を上手に過ごすかということが大切です。また交通量調査の仕事は、集中力が切れないように何人かで一つのグループを作り、交代でカウント作業を行います。そのため仕事時間以外の休憩時間も頻繁に取ることができます。休憩時間を取れるのは嬉しい反面、その時間をどうつぶすか困る人もいるようです。本を持って行くなり、スマホの充電が切れないように予備のバッテリーを持って行くなど工夫が必要になります。

誰でも出来る「交通量調査」

初心者に贈るまとめ記事

  • 好きな時に働ける魅力
    好きな時に働ける魅力

    単発バイトの魅力のひとつが、空いた時間を利用して自由に仕事をすることができることです。他に別のバイトをしていても、休日を利用するなどして単発バイトをすることができます。ひとつのバイトに絞るよりも効率的にお金を稼げます。

  • 注目の人気ランキング
    注目の人気ランキング

    単発バイトの中で人気ランキング1位の仕事は「試験監督」です。以降「交通量調査」や「巫女」「イベントスタッフ」などが続きます。人気の理由は短時間で効率的にお金を稼げる、友達が作りやすい…など仕事により違います。

  • 土日に稼げる「試験監督」
    土日に稼げる「試験監督」

    試験監督のバイトは他のバイトの休みに組み込みやすいのが人気の理由のひとつです。ほとんどの試験が土日に行われるため、休日を利用してバイトをすることができるからです。忙しい平日を避けて仕事ができるのは魅力でしょう。

  • 誰でも出来る「交通量調査」
    誰でも出来る「交通量調査」

    交通量調査のバイトは、その他の単発バイトに比べても仕事内容が簡単です。初心者でもすぐに仕事をすることができるので人気があります。また勤務時間も12時間以上と長いので、一日で効率よくお金を稼ぐことが可能です。

  • 求人サイトに登録しよう
    求人サイトに登録しよう

    単発バイトは人気があるので応募があるとすぐに定員に達してしまいます。求人サイトに登録をするとスマホでどこからでも最新の求人情報をチェックできますので、定員に達する前に応募することが可能になるでしょう。

  • 面接は素直に答えよう
    面接は素直に答えよう

    単発バイトをするために、最後の関門の面接を突破する必要があります。しかし面接官がしそうな質問に対する答えを考えるなどの、特別な対策は必要ありません。それよりもきちんとした態度と姿勢で面接に臨むほうが大切です。