単発バイト探検隊

「巫女」も単発バイトの人気職種です

憧れの服が着れる「巫女」

白い着物に赤いはかま姿の清楚な巫女の姿をみて、女性なら一度は着てみたいと憧れたことがあるかもしれません。そんな夢がかなうのがお正月を挟んだ数日間のみ雇用される巫女の単発バイトです。どのような仕事内容なのか、注意点とともに見ていきましょう。

巫女のバイトの仕事内容

巫女のバイトは、年末からお正月の三が日にかけて働く事が多いようです。主な仕事は、境内の掃除の手伝いをしたり、お守りやおみくじの販売の手伝いをすることです。特に大晦日からお正月にかけては参拝客が多く詰めかけますので忙しいと思います。大きな神社には数万人の参拝客がつめかけることも珍しくありません。販売の仕事やおみくじの引き替えなどの仕事に加えて、参拝の仕方を聞かれた時の対応や、トイレの案内などをすることもあります。また神社の縁起についてや、神社がまつっている神様についての質問をされることもあります。バイトとはいえ神社のスタッフの一員ですので、質問にきちんと答えられるようにしておく必要があります。

とにかく寒い巫女の着物

女性の憧れの巫女の着物ですが、お正月は一年でも一番寒い時期にあたります。職業上ダウンジャケットなどを羽織って仕事をするわけにはいかず、大変寒い思いをすることになると思います。冷え性の女性は大変だと思いますが、大勢の参拝客から常に注目されている仕事ですので、その視線が寒さを忘れさせてくれるかもしれません。また最近は人目につかずに暖かくなるインナーも多く売り出されていますので、上手に利用しましょう。巫女の着物の着付けについて事前に指導はありますが、自分や巫女同士で着付けをする必要があります。大変だと思う反面、巫女の衣装の着方を覚えられるめったにないチャンスだと思えばその苦労も楽しく感じるのではないでしょうか。

給与と注意点

巫女のバイトの時給は神社によっても違いますが、1000円前後になると思います。大晦日から元旦にかけては夜勤扱いになるので割り増しの時給になります。特に時給が高い仕事とはいえませんし、楽しい大晦日とお正月に働くわりには安いと感じるかもしれません。そのため巫女のバイトはバイト代を目当てにするよりも、やりがいを優先したい人に向いていると思います。ほとんどのバイトが男女関係なく働ける現在、若い女性しか働くことができない仕事は非常に稀です。一生に一度の機会だと思い、巫女の単発バイトを楽しみましょう。
バイトをする前の注意点として、神社で働く時には茶髪やパーマのあたったヘアースタイルはNGになることが多いです。黒くて長い髪を後ろで一本に束ね、化粧も薄化粧で臨みます。ネイルやピアスもご法度になることが多いので応募の際には注意が必要です。

憧れの服が着れる「巫女」

初心者に贈るまとめ記事

  • 好きな時に働ける魅力
    好きな時に働ける魅力

    単発バイトの魅力のひとつが、空いた時間を利用して自由に仕事をすることができることです。他に別のバイトをしていても、休日を利用するなどして単発バイトをすることができます。ひとつのバイトに絞るよりも効率的にお金を稼げます。

  • 注目の人気ランキング
    注目の人気ランキング

    単発バイトの中で人気ランキング1位の仕事は「試験監督」です。以降「交通量調査」や「巫女」「イベントスタッフ」などが続きます。人気の理由は短時間で効率的にお金を稼げる、友達が作りやすい…など仕事により違います。

  • 土日に稼げる「試験監督」
    土日に稼げる「試験監督」

    試験監督のバイトは他のバイトの休みに組み込みやすいのが人気の理由のひとつです。ほとんどの試験が土日に行われるため、休日を利用してバイトをすることができるからです。忙しい平日を避けて仕事ができるのは魅力でしょう。

  • 誰でも出来る「交通量調査」
    誰でも出来る「交通量調査」

    交通量調査のバイトは、その他の単発バイトに比べても仕事内容が簡単です。初心者でもすぐに仕事をすることができるので人気があります。また勤務時間も12時間以上と長いので、一日で効率よくお金を稼ぐことが可能です。

  • 求人サイトに登録しよう
    求人サイトに登録しよう

    単発バイトは人気があるので応募があるとすぐに定員に達してしまいます。求人サイトに登録をするとスマホでどこからでも最新の求人情報をチェックできますので、定員に達する前に応募することが可能になるでしょう。

  • 面接は素直に答えよう
    面接は素直に答えよう

    単発バイトをするために、最後の関門の面接を突破する必要があります。しかし面接官がしそうな質問に対する答えを考えるなどの、特別な対策は必要ありません。それよりもきちんとした態度と姿勢で面接に臨むほうが大切です。