単発バイト探検隊

人気の単発バイト「試験監督」の仕事内容

土日に稼げる「試験監督」

単発バイトとして大人気の試験監督の仕事について、詳しく知りましょう。具体的な仕事内容はどうなっているのか、給与はどのくらいもらえるのか、試験監督の仕事をする上での注意点などに焦点をあてて紹介します。

試験監督のバイトの一日

試験監督の仕事は、試験会場になる大学などの施設で、会場づくりの手伝いをするところから始まる職場もあります。会場によっては机や椅子を指定の位置に並べる力仕事が必要なこともあります。試験の時間が近づいてくると受験者が集まってきます。受験生の質問に答えられるように施設内の教室の位置などを事前に把握しておきましょう。席に関する質問をされたら受験票などを確認して、正しい教室や席まで案内します。混雑や混乱が起こらないようにスムーズに誘導しましょう。
試験直前にする仕事として、試験前に注意事項を話したり、試験の開始時間と終了時間など必要事項を黒板に記入しておく仕事があります。テスト中はテスト用紙を配布、回収をしたり、試験中にカンニングなどの不正が起こらないように見張る仕事があります。また廊下の椅子に座り待機をして、気分が悪くなった受験生やトイレに行きたい受験生を医務室やトイレに案内する仕事もあります。試験が終了したらテスト用紙を係の人に渡します。その後会場の片づけなどを手伝って8時間程度で一日の仕事が終わります。

自由に働けて、時給は高め

試験監督の仕事は、基本的に生徒を見守る、または廊下で待機をしているだけです。しかし日給は1万円をもらえることも少なくありません。時給にすると1000円以上ということが多く、楽なわりにたっぷり稼げるのが魅力です。このような仕事が楽で高時給の仕事は3時間ほどの短時間のバイトが多いのですが、試験監督は一日仕事です。そのため一日を有効に使えて、効率的にたくさんお金を稼ぐことができるのです。試験のほとんどが土日に集中しているため、予定のない休日などを利用することができます。他に仕事をしたりバイトをしている人が組み合わせる単発バイトとしても魅力的です。

清潔感のある服装を心がけよう

試験監督の仕事をする時はスーツ姿に、清潔感のある整った髪型をする必要があります。男性はひげを剃る必要があり、女性は派手なメイクやネイルを落とす必要があります。普段は茶髪だったり、アクセサリー類をたくさん身に着けている人は、試験管のバイトの日に備えて頭髪を黒く染めたり、ピアスを外すなど事前の準備が必要になるかもしれません。日頃からあまり派手な服装をしたり奇抜な髪型をしていない人のほうが、試験監督の単発バイトが急に決まった時に対応しやすいかもしれません。

土日に稼げる「試験監督」

初心者に贈るまとめ記事

  • 好きな時に働ける魅力
    好きな時に働ける魅力

    単発バイトの魅力のひとつが、空いた時間を利用して自由に仕事をすることができることです。他に別のバイトをしていても、休日を利用するなどして単発バイトをすることができます。ひとつのバイトに絞るよりも効率的にお金を稼げます。

  • 注目の人気ランキング
    注目の人気ランキング

    単発バイトの中で人気ランキング1位の仕事は「試験監督」です。以降「交通量調査」や「巫女」「イベントスタッフ」などが続きます。人気の理由は短時間で効率的にお金を稼げる、友達が作りやすい…など仕事により違います。

  • 土日に稼げる「試験監督」
    土日に稼げる「試験監督」

    試験監督のバイトは他のバイトの休みに組み込みやすいのが人気の理由のひとつです。ほとんどの試験が土日に行われるため、休日を利用してバイトをすることができるからです。忙しい平日を避けて仕事ができるのは魅力でしょう。

  • 誰でも出来る「交通量調査」
    誰でも出来る「交通量調査」

    交通量調査のバイトは、その他の単発バイトに比べても仕事内容が簡単です。初心者でもすぐに仕事をすることができるので人気があります。また勤務時間も12時間以上と長いので、一日で効率よくお金を稼ぐことが可能です。

  • 求人サイトに登録しよう
    求人サイトに登録しよう

    単発バイトは人気があるので応募があるとすぐに定員に達してしまいます。求人サイトに登録をするとスマホでどこからでも最新の求人情報をチェックできますので、定員に達する前に応募することが可能になるでしょう。

  • 面接は素直に答えよう
    面接は素直に答えよう

    単発バイトをするために、最後の関門の面接を突破する必要があります。しかし面接官がしそうな質問に対する答えを考えるなどの、特別な対策は必要ありません。それよりもきちんとした態度と姿勢で面接に臨むほうが大切です。