単発バイト探検隊

人気の単発バイト「イベントスタッフ」の仕事内容は?

仲間を増やせる「イベントスタッフ」

単発バイトの中で根強い人気があるのがイベントスタッフのバイトです。バイトにやりがいを求める人から強い支持を得ていますが、その秘密はスタッフ同士のつながりや、仕事の達成感にありそうです。イベントスタッフの仕事内容と注意点などを中心に紹介します。

友達がたくさんできる

コンサートのスタッフやスポーツ大会のイベントスタッフ、遊戯施設のスタッフなどイベントスタッフの仕事は数多くあります。イベントごとに仕事の内容や勤務地も変わりますので、いろいろな場所に行くのが好きで好奇心が旺盛な人にぴったりの仕事です。
イベントスタッフの仕事は、ミュージシャンなどのイベントの中心になる人から、サポートスタッフ、そしてイベントスタッフのバイトが協力してひとつのイベントを成功させる目的で行われます。会場の設営の準備やイベント中の警備の仕事、イベントが終わったあとの撤収作業など、イベントにまつわるいろいろな仕事の補佐を行います。たくさんのスタッフと一緒に協力して働く仕事なので、友達もできやすい仕事です。イベント終了後にはそれ相応の達成感があります。一度のイベントのバイトを一緒にしただけでも仲が良くなれるという、単発バイトとしては異例の仕事ではないでしょうか。

有名人を見ることができるかも

イベントの裏方の仕事とはいえ、イベントの主役になる有名人の仕事を手伝うため、有名人をすぐ近くに見ることが珍しくありません。フレンドリーな有名人の場合は、気軽に挨拶をしてくれますので親近感を覚えます。またたくさんの有名人が集まるパーティのようなイベントの場合は一度のバイトで数十人の有名人を見ることができます。芸能人やスポーツ選手などに興味がある人に向いているバイトかもしれません。
ただしイベントスタッフのバイトは、まずイベント会社に登録して働く「登録制のバイト」であることが多いです。ピンポイントで「誰々のコンサートスタッフ」になることは難しいでしょう。イベント会社から必要な時に電話やメールがあり、その時に自分がどのような仕事をするのか知ることになります。

若いスタッフが多い

またイベントスタッフのバイトは若い人、特に20代前半の学生が中心になっています。同じ世代の人が集まって仕事をしますので、働きやすい環境かもしれません。会場の設営や撤収には力仕事も必要になりますが、小道具の準備など女性には女性に適した働き場所が用意されていますので心配ありません。給与に関しては日給8000円前後、時給にすると1000円前後になります。早く撤収が済めば拘束時間が短くなり、その分時給は高くなりますが、長引いても給与は変わりません。イベントひとつに対して給与が決まっています。

仲間を増やせる「イベントスタッフ」

初心者に贈るまとめ記事

  • 好きな時に働ける魅力
    好きな時に働ける魅力

    単発バイトの魅力のひとつが、空いた時間を利用して自由に仕事をすることができることです。他に別のバイトをしていても、休日を利用するなどして単発バイトをすることができます。ひとつのバイトに絞るよりも効率的にお金を稼げます。

  • 注目の人気ランキング
    注目の人気ランキング

    単発バイトの中で人気ランキング1位の仕事は「試験監督」です。以降「交通量調査」や「巫女」「イベントスタッフ」などが続きます。人気の理由は短時間で効率的にお金を稼げる、友達が作りやすい…など仕事により違います。

  • 土日に稼げる「試験監督」
    土日に稼げる「試験監督」

    試験監督のバイトは他のバイトの休みに組み込みやすいのが人気の理由のひとつです。ほとんどの試験が土日に行われるため、休日を利用してバイトをすることができるからです。忙しい平日を避けて仕事ができるのは魅力でしょう。

  • 誰でも出来る「交通量調査」
    誰でも出来る「交通量調査」

    交通量調査のバイトは、その他の単発バイトに比べても仕事内容が簡単です。初心者でもすぐに仕事をすることができるので人気があります。また勤務時間も12時間以上と長いので、一日で効率よくお金を稼ぐことが可能です。

  • 求人サイトに登録しよう
    求人サイトに登録しよう

    単発バイトは人気があるので応募があるとすぐに定員に達してしまいます。求人サイトに登録をするとスマホでどこからでも最新の求人情報をチェックできますので、定員に達する前に応募することが可能になるでしょう。

  • 面接は素直に答えよう
    面接は素直に答えよう

    単発バイトをするために、最後の関門の面接を突破する必要があります。しかし面接官がしそうな質問に対する答えを考えるなどの、特別な対策は必要ありません。それよりもきちんとした態度と姿勢で面接に臨むほうが大切です。